コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、フォートレス売却含む複数の選択肢検討-関係者

更新日時
  • フォートレスとの事業をうまく融合させられなかったことなどが背景
  • フォートレスは2017年12月の買収手続き完了以降、独立して運営

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ソフトバンクグループは、フォートレス・インベストメント・グループの売却を含む複数の選択肢を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ソフトバンクGは、4年前にフォートレスを買収した。

  関係者の1人によると、フォートレス売却の検討はまだ初期段階にある。関係者らは、情報が非公開だとして匿名を条件に語った。検討を開始した背景には、フォートレスとソフトバンクGの事業をうまく融合させられなかったことなどがあるという。

ソフバンク:米フォートレスを共同買収、投資能力強化-3800億円 (3)

  ソフトバンクGとフォートレスの担当者はコメントを控えた。

  ソフトバンクGは30億ドル(現在のレートで3400億円)余りでのフォートレス買収で、同社の専門的な投資知識を当時設立中だったビジョン・ファンドの運用に生かす意向だった。

  しかし、ソフトバンクGの計画通りには行かず、米国の対米外国投資委員会(CFIUS)の承認を得るため、ソフトバンクGはフォートレスの日常業務管理を断念することに同意。2017年12月の買収手続き完了以降、フォートレスは独立して運営されてきた。

ソフバンクは買収承認得るためフォートレスの日常管理断念-FT紙

  フォートレスのウェブサイトによると、ピート・ブリガー、ウェス・エデンズ、ランディー・ナードン3氏が1998年に設立した同社の運用資産は6月末時点で539億ドル。クレジットやプライベートエクイティー(PE、未公開株)、永久資本ビークル(PCV)に投資している。

原題:SoftBank Said to Explore Options Including Sale of Fortress (1)(抜粋)

(4段落目以降に背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE