コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は最高値更新、決算手掛かり-ドイツ債は下げ縮小

1日の欧州株は上昇し、過去最高値を更新した。企業決算を手掛かりに引き続きリスク志向が高まった。

  ストックス欧州600指数は0.7%上昇。銀行や建設銘柄が上げをけん引した。フランスでもCAC40指数が2000年以来となる最高値更新まで0.4%に迫っている。

  先月の欧州株は月間ベースで3月以来の大幅高となった。企業決算が好感されたほか、ディフェンシブ銘柄や債券利回りの上昇が有利に働く金融株が買いを集めた。年末にかけて株価はさらに上昇する可能性がある。

  リベラム・キャピタルの戦略責任者ヨアヒム・クレメント氏は「プラスの決算サプライズが大きな材料となった」と指摘。市場予想を上回る企業決算は「今週そして今月いっぱい欧州株の支援材料になるだろう」と述べた。

European stocks reach highest level on record over earnings boost
 
 

 

  欧州債市場では、イタリア10年債と同年限ドイツ債のイールドスプレッドが一時、昨年11月4日以来の最大となった。

  短期金融市場動向によれば、欧州中央銀行(ECB)による利上げ幅は依然として2022年12月時点で20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)が織り込まれている。

  ドイツ債は下げ幅を縮小。パフォーマンスは英国債を上回った。英国では2日に3年債と50年債の入札が予定されている。

主要国債の利回り 
ドイツ10年債利回りは1bp上昇のマイナス0.09%
イタリア10年債利回りは6bp上昇の1.23%
フランス10年債利回りは1bp上昇の0.28%
英10年債利回りは4bp上昇の1.08%

ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 

原題:European Stocks Advance to a Record as Earnings Boost Appetite

BTP-Bund Spread Widens to Near One-Year High; End-of-Day Curves

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE