コンテンツにスキップする

クレディS、ウェルスマネジメント責任者にデフェラーリ氏の起用近い

  • 豪AMPの前CEO、以前はクレディSのプライベートバンカー
  • 4日に最新事業戦略を発表へ、ウェルス事業再編計画に言及の可能性

クレディ・スイス・グループは、ウェルスマネジメント部門の責任者に豪資産運用会社AMPのフランチェスコ・デフェラーリ前最高経営責任者(CEO)を近く起用する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。クレディ・スイスでは同部門で大規模な変革を計画しており、今回の人事はその一環だ。

  デフェラーリ氏は2018年にAMPに入社し、今年6月に退社した。それ以前の約16年間はクレディ・スイスでプライベートバンカーとして勤務し、アジア太平洋地域のプライベートバンキング部門CEOを7年間務めた経験も持つ。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によれば、同氏は今回、クレディ・スイスのプライベートバンキング事業を統合した部門を率いることで協議している。

  クレディ・スイスは4日に最新の事業戦略を発表する見通しで、現在複数の部門にまたがる地域別ウェルス事業の再編計画が明らかになる可能性がある。

原題:Credit Suisse Close to Naming De Ferrari Wealth Management Head

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE