コンテンツにスキップする

フランクリン、レキシントン・パートナーズを17.5億ドルで買収へ

  • ミューチュアルファンドのフランクリン、PE分野への事業拡大狙う
  • ミューチュアルファンド業界では過去2週間で2件目の買収

ミューチュアルファンド運用を手掛ける米フランクリン・リソーシズは、プライベートエクイティ(PE、未 公開株)投資会社の米レキシントン・パートナーズを17億5000万ドル(約2000億円)で買収することで、同社と合意した。PE分野への事業拡大が狙い。

  1日のフランクリン発表によると、今回の買収はまた、同社が提供する不動産やプライベートクレジット、ヘッジファンドの各戦略を補う。同社傘下の投資会社フランクリン・テンプルトンが運用するオルタナティブ資産は買収完了後に、約2000億ドルになる。

  ミューチュアルファンド運用各社は提供資産の拡充に加え、インデックスファンドへの顧客流出による打撃緩和に向け、買収を進めている。同業界にとっては、過去2週間でこれで2件目の買収となる。

  レキシントンは手数料ベースの資産340億ドルを運用する。買収は2022年1-3月(第2四半期)に完了する見込み。

原題:Franklin to Buy Lexington Partners for $1.75 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE