コンテンツにスキップする

新型コロナ死者数、500万人突破-最初の感染確認から2年足らず

  • 直近100万人の死者数を見ると、米国が14%を占める
  • ロシアが10%、インドネシアとブラジルが共に8%で続く

新型コロナウイルス感染症による死者数が世界で500万人を突破した。ワクチンが開発され、死亡率は大きく低下したが、最初の感染確認から2年も経ていない。米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計が示した。

  死者数の増加ペースは鈍化している。400万人から500万人まで死者数が増えるには110日以上かかった。200万から300万、300万から400万に増えるのに要した期間はそれぞれ90日未満だった。

  それでも毎日、多数の人々が亡くなっており、ワクチン未接種の人々は数十億人に上る。ワクチンが入手できなかったり、自らの意思で接種を拒否したり、理由はさまざまだが、感染力の強いデルタ変異株が流行するなど、時間の経過とともに新型コロナの危険性は増している。

Covid death toll globally is still growing, but at a slower rate
 
 

  直近100万人の死者数を見ると、米国が14%を占め、国別で最も高い割合。ロシアは10%、インドネシアとブラジルがそれぞれ8%となっている。

Another Million

Five countries account for nearly half of the last one million deaths

Source: Johns Hopkins, Bloomberg

欧州に冬の試練、共存の戦略が奏功後-コロナ時代の安全な国番付

The arrival of Covid vaccines have helped curb fatalities
 
 

原題:
Covid Deaths Top 5 Million Even as Vaccines Slash Fatality Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE