コンテンツにスキップする

バークレイズ、ステーリーCEO辞任-米富豪との関係で調査

更新日時
  • 市場部門責任者のベンカタクリシュナン氏が後任のCEO
  • ステーリー氏が古巣のJPモルガンから最初に採用した1人

英銀バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)が辞任した。性犯罪で起訴され勾留中に死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン元被告との関係についての説明を巡る英当局の調査が行われていた。

  バークレイズの発表によると、ステーリー氏(64)は1日付で同行を去る。最高リスク責任者(CRO)を務めていて市場部門の責任者に昨年抜擢されたC・S・ベンカタクリシュナン氏が新たなCEOに就く。

英バークレイズの新たな市場責任者、コロナ危機で「ダンス止まった」

relates to バークレイズ、ステーリーCEO辞任-米富豪との関係で調査
C・S・ベンカタクリシュナン氏
 

  バークレイズは1年余り前からベンカタクリシュナン氏をステーリー氏の後継候補と見なしていたという。CEOに就任したステーリー氏が古巣の米銀JPモルガン・チェースから最初に採用した数人の1人がベンカタクリシュナン氏だった。

  発表によれば、バークレイズは10月29日夜に、エプスタイン元被告との関係に関するバークレイズへの説明とそれについてのバークレイズから英金融行動監視機構(FCA)への報告について、FCAと健全性監督機構(PRA)の調査の暫定結果を知らされた。

  ステーリー氏はこの結果に対し異議を唱える方針だが、それも踏まえ、同氏とバークレイズ取締役会は同氏がCEOと役員を辞任することに同意したという。

原題:Jes Staley to Step Down as Barclays CEO Amid Epstein Probe (1)、Barclays CEO Staley to Step Down; Venkatakrishnan New CEO (1)(抜粋)

(1-3段落を追加して更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE