コンテンツにスキップする

イエレン長官、米国債市場に反映の景気懸念に反論-「底堅い」回復へ

  • 最近の米利回り曲線フラット化巡りインタビューで発言
  • 金融当局の刺激策縮小・解除のアプローチにも信認示す

イエレン米財務長官は10月31日、米金融当局が経済成長を圧迫するのではないかとの懸念が最近の米国債市場の動きに反映されたことについて、そうした心配には及ばないとして、新型コロナウイルス禍からの景気回復の持続に自信を表明した。

  イエレン長官はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、米国債利回りの急激な動きを憂慮しているかどうかの質問に対し、「私に関してはノーだ。良好で底堅い回復が見込まれる。失業率は著しく改善しており、2008年の金融危機後の回復とは全く異なる」と答えた。

President Biden Hosts Meeting With Business Leaders And CEOs On Debt Limit
イエレン財務長官
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

  米2年債と10年債のイールドカーブ(利回り曲線)は先週、20年夏以来最もフラット化が進んだ。金融当局がインフレ抑制のため、従来予想よりも早期の利上げ開始に踏み切るのではないかとの観測がこうした動きの一因となった。

関連記事
Yield curve flattens as Fed readies tapering
 
 

  イエレン長官は金融政策に関する直接の論評は控えたものの、「金融当局には何をすべきであるか決めるのに使う枠組みがある。当局は資産購入のテーパリング(段階的縮小)を始める方針を明らかにしている」と語り、金融当局が計画している刺激策縮小・解除へのアプローチの仕方には遠回しの表現で信認を示した。

  このほか現行のインフレ高進について、時間の経過とともに落ち着くだろうとパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が説明している点にも言及した。こうした見通しはイエレン長官自身のものと非常に合致している。

  イエレン長官はローマで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)にバイデン大統領に同行して出席後、アイルランド当局者との会談のためダブリンに向かう機中でインタビューに応じた。

原題:Yellen Dismisses Treasury-Market Jitters, Sees ‘Solid’ Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE