コンテンツにスキップする

カナダ中銀、必要に応じインフレに対抗する用意ある-マックレム総裁

  • ラジオ・カナダとのインタビュー、収録は10月27日の政策決定後
  • 世界のインフレ圧力が和らいでいくと考える「相応の理由」がある

カナダ銀行(中央銀行)のマックレム総裁はラジオ・カナダとのインタビューで、インフレ率を2%目標に戻すために必要に応じ、政策を調整する用意があると述べた。

  10月31日のニュース番組向けの同インタビューは、27日の政策決定後に収録されたものでライブ配信ではない。総裁はフランス語で話した。

カナダ中銀、利上げ時期見通しを前倒し-債券購入プログラム終了

Tiff Macklem.
カナダ銀行のマックレム総裁
Source: Bloomberg

  マックレム総裁はインフレ高進がカナダ国民に影響を及ぼすことを政策当局は非常に意識していると述べ、「インフレを抑制していく」方針を示した。インフレ圧力は「独特な状況」が要因だとし、世界のインフレ圧力が和らいでいくと考える「相応の理由」があるとも語った。

  同総裁はその上で、カナダ中銀はインフレ率が「当局の2%目標に確実に戻るよう政策ツールを調整する」用意があると発言。インフレ見通しにリスクがあると述べ、中銀はインフレ期待と賃金コストに注視していると話した。

  インフレがさらに持続的に見えれば「当局は行動を取る」考えを示し、最新予測に基づけば、当局は来年4月から9月の間に利上げを検討する見通しだと語った。

 

原題:
Bank of Canada Ready to Counter Inflation If Needed: Macklem(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE