コンテンツにスキップする

サキ米大統領報道官、コロナ陽性-バイデン大統領と濃厚接触なし

  • 大統領と最後に会った10月26日も屋外で1.8メートルの距離あった
  • バイデン大統領の外遊には随行せず、家族の急用理由に

ホワイトハウスのサキ大統領報道官は10月31日、新型コロナウイルス検査で陽性となったことを明らかにした。

  同報道官は声明で「バイデン大統領ないしホワイトハウスの上級スタッフとは27日以降は直接会っておらず、最後に会ってから4日間、検査で陰性だったが、透明性に十分配慮して今日の検査で陽性だったことを公表する」とし、「大統領と最後に26日に会った時は屋外で6フィート(約1.8メートル)余りの距離を置いて座っており、双方ともマスクを着用していた」と説明した。

  サキ報道官は家族の急用を理由にバイデン大統領の外遊の随行を辞退していた。

  バイデン大統領は新型コロナワクチンのブースター(追加免疫)接種を済ませている。

Jen Psaki Delivers Daily White House Briefing
サキ大統領報道官
Source: Getty Images North America

原題:
Biden Spokeswoman Psaki Diagnosed With Covid After Skipping Trip(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE