コンテンツにスキップする

ソフトバンクGビジョンファンド、初の国内投資ー三井住友THなどと

ソフトバンクグループのビジョン・ファンド2号が国内のバイオベンチャー企業であるアキュリスファーマ(神奈川県・藤沢市)に出資した。同ファンドとしては初の国内投資案件となる。

  神経や精神疾患への新薬を開発するアキュリスは29日、68億円を調達したと発表した。ビジョン・ファンドが主導し、三井住友トラスト・インベストメント、Anriなど国内外の投資家も参加した。

  • 同社はフランス企業と共に睡眠障害分野において米国、欧州で当局の承認を受け、日本での独占的開発・商業化に関するライセンス契約を締結している
  • 「ビジョン・ファンド2として初の日本での投資先となる」-ソフトバンクG松井健太郎マネジングディレクター
関連記事

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE