コンテンツにスキップする

インポッシブル・フーズ、資金調達で企業評価70億ドルを視野-関係者

  • 資金調達ラウンドの条件は決定はしておらず、変更の可能性も
  • 米の同業ビヨンド・ミートの時価総額は約63億ドル

植物由来の代替肉メーカー、米インポッシブル・フーズは企業価値の評価70億ドル(約8000億円)で約5億ドルの資金調達を目指し協議を行っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同業の米ビヨンド・ミートの28日時点の時価総額は約63億ドル。資金調達ラウンドの条件は決定はしておらず、変更の可能性がある。

  広報担当者のキーリー・スルプリツィオ氏はコメントを控えた。

  インポッシブル・フーズは、植物由来の代替肉に対する近年の消費者需要の高まりに乗じたい構え。バーガーキングなどの飲食店に加え、ウォルマートやクローガーなどの食料品を扱う小売業者にも販路を拡大してきている。パット・ブラウン最高経営責任者(CEO)によって2011年に創業された同社は、従来の「肉」を生産するのに比べ土地や水といった環境資源への負荷が少ない点を強調する。

  同社は昨年3月に5億ドル、8月に2億ドルをそれぞれ調達。ピッチブックのデータによれば、既存投資家にはカタール政府系ファンド、カタール投資庁(QIA)や米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏、歌手のケイティ・ペリー氏なども含まれる。

原題:Impossible Foods Is Said to Eye $7 Billion Value in Fundraising(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE