コンテンツにスキップする

【新型コロナ】中国で感染広がる、韓国が来週から社会的距離規制緩和

更新日時
  • シンガポールがF1のピットビルをコロナ患者用施設に改築
  • シティ、全従業員にコロナワクチン接種義務付け

シンガポールは新型コロナウイルスの新規感染者急増に対応するため、F1サーキットのピットビルを改築し、600床強のベッドを備えたコロナ患者用施設とした。同国紙ストレーツ・タイムズ(ST)が報じた。

  中国で29日に報告された新規感染者は51人となり、本土の31の省・直轄市・自治区のうち半分近くに広がった。

  シティグループは、米国の全従業員に新型コロナワクチンの接種を雇用条件として義務付ける。ブルームバーグ・ニュースが確認した従業員宛ての通知によると、同行は12月8日までに接種証明を提出するよう求めており、応じた従業員には「謝礼」として200ドル(約2万2700円)を支払う。

  米フロリダ州は連邦政府請負業者に対するワクチン接種義務化を巡りバイデン政権を提訴した。

  韓国は来週、社会的距離規制を緩和する。公共の場での集まりの人数制限はワクチン接種の有無に関係なく、首都圏については最大10人、それ以外の地域は最大12人とされる。

  英国はリスクが最も高いとみなす国・地域の「レッドリスト」から残りの全7カ国を除外した。これにより、同国への渡航者に自主隔離を強制する措置が事実上終了する。

  米製薬会社メルクは、新型コロナ治療での緊急使用許可(EUA)を米当局に申請している経口抗ウイルス薬「モルヌピラビル」を年内に1000万回分、来年には最低2000万回分を生産する計画だ。

メルク、新型コロナ経口薬売上高は最大70億ドルと予想-来年末までに

Merck Shuts Down Covid Vaccine Program After Lackluster Data
メルク本社(米ニュージャージー州)
 

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億4549万人、死者数は497万人を超えた。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計69億6000万回を上回った。

原題:Citi Expands Shot Mandate; U.S. Buys Kids’ Doses: Virus Update(抜粋)

(中国や韓国、シンガポールの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE