コンテンツにスキップする

インフレ正念場はこれから-サービス波及で雇用逼迫、利上げ本格化へ

  • サプライチェーン危機はビッグストーリーのリハーサルにすぎないか
  • サービスセクター主導で金利設定変われば株式も巻き添えになる恐れ

世界的にリスク資産を脅かしているサプライチェーン危機はもう忘れた方がよい。 サービスセクターのブームが労働コストを押し上げ、各国・地域中央銀行がより断固たる姿勢で金融政策引き締めを迫られる来年は、本物の試練が訪れるかもしれない。

  米ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズのマルチアセット責任者ポール・オコナー氏は、経済の再開が進む2022年には、米国でも他の地域でもサービス消費需要が既にタイトな労働市場をさらに逼迫(ひっぱく)させると予想。インフレを誘発するモノのサプライチェーンのボトルネックが和らいでも、市場が一息つくのは一時的にとどまりそうだ。

  オコナー氏はインタビューで、「今年われわれが経験したモノのボトルネックは、関係するあらゆる価格圧力と政策圧力を伴うサービスセクター・ブームという来年のビッグストーリーのドレスリハーサルにすぎない。それが中央銀行にさらに頭痛の種を提供する恐れがある」と指摘した。

  オコナー氏は、ポートフォリオの投資配分で国債と投資適格債を引き続きアンダーウエートにしている。また22年の力強い成長見通しにもかかわらず、サービスセクター主導で金利設定が変われば「巻き添え」になりかねない株式のウエートは「ニュートラル」という。

 

Full rate hike priced into year-ahead Fed funds as inflation fears grow
 
 

 

原題:
Markets Face an Even Bigger Inflation Test Next Year, Janus Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE