コンテンツにスキップする

英国、今年の経済成長は73年以来の高水準に-財務相が予算案説明

更新日時
  • OBRが予測、今年の経済成長率は6.5%-従来予想は4%
  • 来年のインフレ率は平均4%に、英中銀の目標の2倍

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

スナク英財務相は27日、今年の経済成長率は1973年以来最大となる見通しだと述べた。議会で新たな予算案を説明したスナク氏は、この予算で新型コロナウイルス禍からの経済回復を支えていくと表明した。

  独立財政機関の予算責任局(OBR)の予測によれば、今年の英経済成長率は6.5%に達する。従来予想では4%が見込まれていた。昨年はマイナス10%程度だった。

U.K. Chancellor of the Exchequer Rishi Sunak Presents Spending Review
予算案の入ったかばんを手に財務相公邸を出発するスナク財務相
 

  スナク氏は議会で、「新たな予算案は国民のためにより力強い経済を築いていく内容だ。つまり力強い成長や競争相手の主な国々よりも速いペースでの景気回復、財政の健全化、失業者を減らし就業者を増やす雇用の改善を実現していく」と述べた。

  スナク氏の主な発言内容は以下の通り。

  • 経済成長は2022年に6%に減速
  • 生産は年末までにコロナ禍前の水準を回復へ
  • OBRの予測によれば、来年のインフレ率は平均4%と、イングランド銀行(英中央銀行)の目標値の2倍
  • 失業率は5.2%でピークを打つ可能性が高い。過去のリセッション(景気後退)時の水準をはるかに下回る

 

Bounceback

Sunak announces forecast for fastest U.K. growth since 1973

Source: BOE, ONS, OBR

予算案の主な詳細
  • 生活賃金は6.6%増の9.50ポンド
  • 公共部門の賃金凍結の終了
  • 地域の公共交通機関向けに69億ポンド
  • 医療関連の施設および研究開発向けに109億ポンド
  • 障害児および特別支援を必要とする子供向けの教育関連に26億ポンド
  • 技能向上を目指す取り組みに30億ポンド
  • ギャラリーや美術館向けに8億5000万ポンド、スポーツ施設向けに7億ポンド

 

  英債務管理庁(DMO)は2022会計年度(21年4月-22年3月)末までに1948億ポンド(約30兆4300億円)の国債を発行する計画を発表した。今年4月時点の見通しでは2526億ポンドが見込まれていた。ブルームバーグがまとめたアナリストの予測中央値は2196億ポンドだった。

  またOBRの最新予測によれば、政府が今年度に必要とする借り入れ額は1576億ポンドと、3月に発表された当初の計画よりも828億ポンド少なくなる見通しだ。

原題:Sunak Says U.K. Is Set for Best Economic Growth Since 1973 (2)、U.K. Slashes Gilt Issuance Plan for 2021-2 by Over a Fifth (2)(抜粋)

(国債発行額の見通しなど最終2段落を加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE