コンテンツにスキップする

米消費者信頼感指数、10月は予想外の上昇-コロナ懸念が和らぐ

更新日時
  • 消費者信頼感指数は113.8-エコノミスト予想中央値は108
  • 新規感染者の減少が消費者心理を後押しし始めている兆候

民間調査機関のコンファレンスボードが発表した10月の米消費者信頼感指数は、予想に反して4カ月ぶりの上昇となった。新型コロナウイルスのデルタ変異株を巡る懸念が和らいだことが背景にあるとみられる。

キーポイント
  • 消費者信頼感指数は113.8に上昇
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は108
    • 前月は109.8(速報値109.3)に上方修正
  • 現況指数は147.4に上昇-前月は144.3(速報値143.4)
    • 仕事が豊富にあるとの回答比率は若干低下-高水準は維持
  • 期待指数は91.3に上昇-前月は86.7(速報値86.6)
Consumer confidence increased in October as delta concerns eased
米消費者信頼感指数の推移
出所:コンファレンスボード

  同指数の上昇は、最近の新規感染者の減少が消費者の景況感を後押しし始めていることを示唆する。ただ家庭用品の値上がりが今後数カ月、一段の消費者マインド改善を妨げる可能性はある。

  コンファレンスボードの景気指数担当シニアディレクター、リン・フランコ氏は発表文で、短期的なインフレ懸念が景気信頼感に与えた影響は限定的だったと指摘し、「10月は住宅や自動車、大型家電の購入を計画する消費者の割合がいずれも増加した」と説明した。

  • 統計表

原題:U.S. Consumer Confidence Sees Surprise Jump; Delta Concerns Ease(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE