コンテンツにスキップする

ゴールドマンが選ぶ中国50銘柄、「共同富裕」から恩恵受けるのは

  • 小米や隆基緑能科技、李寧、安踏体育用品など有望視
  • 「共同富裕」は単なる再分配ではない-劉勁津氏らストラテジスト

ゴールドマン・サックス・グループは中国の習近平国家主席が掲げる「共同富裕」政策から恩恵を受けそうな中国株50銘柄を選定した。

  製造業の設備更新やグリーンエネルギー、国有企業の改革、大量消費などのテーマに関連する企業が、政策による追い風を受けるとみられる。劉勁津(キンガー・ラウ)氏らストラテジストが25日付の文書で指摘した。

  携帯電話メーカーの小米や太陽光エネルギーの隆基緑能科技、スポーツウェアの李寧などが、この50銘柄に含まれた。合計時価総額は約1兆ドル(約114兆円)で、今後2年で年平均27%の成長を遂げる可能性があるとストラテジストらは試算している。

  「『共同富裕』は単なる再分配ではなく、共産党が主導する包括的な発展計画であり、中国の将来の成長軌道を再構築できるものだと考えている」という。

 

中国の「共同富裕」テーマの恩恵を受けると見られる銘柄
小米
隆基緑能科技
李寧
珠海格力電器
携程集団(トリップドットコムグループ)
安踏体育用品(アンタ・スポーツ・プロダクツ)
信義光能

 

原題:
Goldman Lists 50 China Stocks to Benefit From Common Prosperity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE