コンテンツにスキップする

ビットコイン、個人投資家上位1万人が流通の3分の1保有-NBER

  • わずか0.1%相当のマイナーで採掘能力の50%をコントロール
  • 保有の集中度高く、「システミックリスクに見舞われやすい」

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの人気が急上昇しても、その保有が引き続き一部に集中しているという従来の特性は変わらない。

  全米経済研究所(NBER)は、個人投資家上位1万人の保有が流通ビットコインの約3分の1相当を占めているとの分析結果をまとめた。

  NBERの研究者は交換所など仲介業者のアドレスと個人のアドレスとを区分するデータ収集方法を用いることで、昨年末時点の仲介業者の保有が約550万ビットコイン、個人保有が約850万ビットコインとする結果を得た。さらに、個人投資家上位1000人の保有は約300万ビットコインで、集中の度合いはもっと大きい可能性があるという。

Cryptocurrency spikes over last five years
 
 

  研究に当たったイゴール・マカロフ、アントワネット・ショアー両氏は「最も規模の大きなアドレスの一部は同じ組織のコントロール下にある可能性を排除できないため、この集中度の測定は実際よりも控えめな数値である公算が大きい」と指摘した。

  またデータでは、ビットコインのマイナー(採掘者)の集中の度合いが一段と大きいことが示された。NBERは今回、マイナーの上位10%がビットコイン採掘能力の90%を支配し、わずか0.1%に相当する約50のマイナーで採掘能力の50%をコントロールしているとの結論に達した。

  研究者は「分析結果からは、ビットコインが過去数年間に非常に大きな関心を集めてきたにもかかわらず、大口のマイナーや保有者、交換所のいずれであっても、そのエコシステムが大規模で集中度の高いプレーヤーに引き続き支配されていることが分かった」とし、「システミックリスクに見舞われやすい」点に言及した。

原題:
Bitcoin Study Finds Top 10,000 Investors Hold One-Third of Token(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE