コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、巨大IT企業へのエクスポージャー約2年ぶり低水準

  • 金利上昇で痛みを伴う状況に至る前に早めに手を引くことを検討か
  • サプライチェーンのボトルネックや労働力不足がIT企業の重しに

アップルフェイスブックの決算発表を目前に控えて、ヘッジファンドは巨大IT企業に懐疑的になっているようだ。

  ゴールドマン・サックス・グループのプライムブローカレッジ部門によれば、ヘッジファンドは過去1カ月間に米5大企業へのエクスポージャーを過去2年余りで最も低いレベルまで縮小した。

  ブルームバーグの集計データによると、これら米巨大IT企業の少数グループは、コールオプション(買う権利)の未決済約定(建玉)も全体で1年2カ月ぶりの低水準に減少した。

  ブルームバーグ・インテリジェンスによれば、アップルとフェイスブックにアマゾン・ドット・コムマイクロソフト、グーグルの親会社アルファベットを加えた「FAAMG」全体の7-9月の利益は670億ドル(約7兆6200億円)と予想されている。

  前年同期比では30%増とS&P500種株価指数にほぼ沿った伸びだが、FAAMG全体の増益率は2022年4-6月(第2四半期)までの今後の四半期は、いずれもS&P指数に及ばない見通しだ。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の下で安全な投資先だった巨大IT企業は、経済再開に伴うサプライチェーンのボトルネックや労働力不足で打撃を受けつつある。

  写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップは、アップルによる個人情報の収集制限やサプライチェーンの障害が広告支出を圧迫していると警告。これを受け、広告収入に依存するフェイスブックやアルファベットの株価が22日にかけ下落した。

フェイスブックやアルファベット株下落-スナップの広告巡る警告受け

  コモンウェルス・ファイナンシャル・ネットワークのポートフォリオマネジャー、ピーター・エッセル氏は「それらの企業の幾つかは市場で最も過大評価されている。そのため、金利上昇に伴い何らかの痛みを伴うような状況に至る前に早期に手を引くことを彼らは恐らく検討しているのではないか」と指摘した。

 

Option traders pare back bullish bets and Faang stocks hover below peak
 
 

 

relates to ヘッジファンド、巨大IT企業へのエクスポージャー約2年ぶり低水準
ヘッジファンドのエクスポージャー
出典: ゴールドマン・サックス

 

 

Faang profit growth is expected to trail S&P 500 for next three quarters
 
 

 

原題:
Hedge Funds Slash Faang Exposure to Two-Year Low Before Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE