コンテンツにスキップする

FRB議長、「テーパリング開始へ順調」-インフレ鈍化を予想

更新日時

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、金融当局は債券購入プログラムのテーパリング(段階的縮小)開始に向けて順調に前進していると述べた。また価格を上昇させているサプライチェーンの制約が和らげば、インフレ率は低下するとの認識を示した。

  議長は22日、南アフリカ準備銀行(中央銀行)が主催したバーチャル形式のパネル討論会で、「われわれは資産購入のテーパリング開始へと順調に向かっており、経済がおおむね想定通りに展開すれば、来年半ばまでに完了する見通しだ」としつつ、「私はテーパリングを始める時が来たと考えているが、利上げの時期とは考えていない」と述べた。

  インフレを押し上げている世界的なサプライチェーンの制約と供給不足については、「従来の想定より長期に及ぶ可能性が高く、来年になってもしばらく続きそうだ」と指摘。その上で、そうした供給面での制約がいずれ改善され、雇用の伸びが加速するのに伴い、インフレ率は低下し、当局の目標である2%に近づくというのがなお最も可能性の高いシナリオだと述べた。

  ただ、現在の高止まりしているインフレ率が影響し、「物価と賃金の設定者が将来における過度に高いインフレ率を見込み始める」ことはリスクだと、議長は述べた。

  その上で、「インフレ率が根強く高進を続ける深刻なリスクがあると判断される場合には、われわれは最大限の雇用達成という目標への影響も考慮に入れつつ、物価安定を維持するため確実に手段を活用する」と言明した。

原題:Powell Says Fed on Track to Taper, Inflation Will Come Down(抜粋)

(最終2段落にインフレに関する発言を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE