コンテンツにスキップする

物価高を嘆くのはまだ早い、「20年に1度のインフレ」始まったばかり

  • ユニリーバなど相次ぎ値上げ発表、価格決定力が戻り痛みは消費者に
  • 「消費者はただ、受け入れるしかない」-BMOのエコノミスト

世界中で日用品がまた値上がりしそうだ。消費財・生活用品大手のユニリーバや潤滑剤メーカーのWD-40など、供給の問題を抱える企業が今週相次いで値上げを警告した。

  石けんの「ダヴ」やアイスクリームの「マグナム」など幅広い消費財を手がけるユニリーバは、7-9月(第3四半期)に2012年以来の最大となる平均4%超の値上げを実施し、高い価格は来年に入っても続くと示唆した。食品大手ネスレや消費財大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、ヨーグルトのダノンも同様の見通しを示している。

  ユニリーバのアラン・ジョープ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「少なくともあと1年はインフレ圧力が続く」と発言。「20年に1度のインフレ環境にある」と語った。

Getting Squeezed

Prices across OECD countries are rising fast

Source: OECD

  企業はサプライチェーンの問題に加え、エネルギーや原材料、輸送などのコスト上昇といったさまざまな要因に直面している。今週決算を発表した消費財メーカーの大半は、収益性への長期的な影響は制御できるとの自信を示したが、それはコスト高を価格に転嫁し、クリスマスが近づく中で家計への圧迫が強まることを意味する。

  米国のインフレは今年に入って大きく加速し、2008年以来の高い伸びとなっている。 新型コロナウイルス禍後の需給不均衡で、先進国全体のインフレ率は4%を上回った。過去20年でこの水準を超えたのは2度しかない。

  BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、ジェニファー・リー氏は「これは世界全体で共通する話だ」と指摘。「現時点で消費者はただ、これを受け入れるしかない」と述べた。

Price Pain

Consumer-goods companies are responding to surging costs

Source: Unilever, Bloomberg

原題:
Think Everything’s Expensive Now? Get Ready for What’s Next (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE