コンテンツにスキップする

「BTS」、コロムビアからユニバーサルに契約先を変更へ

更新日時
  • BTSの所属事務所HYBEがブルームバーグなどの報道内容を確認
  • ユニバーサルとの提携で「新たな章」-ビッグヒットがコメント
Jung Yeon-Je/AFP/Getty
Jung Yeon-Je/AFP/Getty Photographer: JUNG YEON-JE/AFP

韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」はソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)傘下のコロムビア・レコードとの契約を終了し、ユニバーサルミュージックグループ(UMG)に契約先を切り替える。BTSの所属事務所HYBE(ハイブ)が明らかにした。

  ハイブのレコードレーベル、ビッグヒットミュージックは電子メールで、BTSの現行契約についてソニーに謝意を示すとともに、「ユニバーサルとのパートナーシップにおける新たな章を楽しみにしている」とコメントし、ビルボードとブルームバーグが先に報じていた内容を認めた。

  UMGおよび同社傘下のインタースコープとの新たな契約について、米国および各地域の配信・マーケティングが対象になるとビッグヒットは説明した。ソニー側はコメントを控えた。

  何年も前からBTSとの契約を目指していたUMGのルシアン・グレンジ最高経営責任者(CEO)は、ハイブ創業者の房時赫(パン・シヒョク)氏に対し個人的に説得を試みていた。

  計画の詳細は未公表だとして匿名を条件に語った関係者によると、新契約にはUMGのイングルーヴス・ミュージック部門が配信を担当し、ゲフィン・レコード部門がクリエーティブ支援とマーケティングを担う取り決めが盛り込まれる。

  インタースコープはKーPOPの女性グループ「ブラックピンク」と3年契約を結んでいる。この契約をきっかけにブラックピンクは欧米市場に参入した。  

原題:BTS Agency Confirms It’s Leaving Sony for Universal Music(抜粋)

(ハイブ側のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE