コンテンツにスキップする

Google、サブスクアプリ手数料を引き下げ-来年1月1日から実施

  • サブスクアプリに対する手数料は初年度から15%に
  • 現在の手数料は初年度が30%、2年目から15%
Huawei Smartphone As Top U.S. Tech Companies Begin to Cut Off Vital Huawei Supplies
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

アルファベット傘下のグーグルは、アプリストア「グーグルプレイ」経由で販売されるサブスクリプション(定額制)型アプリに対する手数料を引き下げる。同社には開発業者や議員らから引き下げるよう求める圧力がかかっていた。

  グーグルの21日発表によると、実施は来年1月1日から。グーグルプレイ経由のサブスクアプリに対する手数料は初年度から15%となる。現在は初年度が30%、2年目から15%。また、年間収入が100万ドル(約1億1400万円)までのアプリに対して15%を課している。

  こうした変更について、グーグルの製品管理担当バイスプレジデント、サミール・サマト氏は「デジタル・サブスクリプションは開発者の間で最も急速に伸びているモデルの一つだが、サブスク型ビジネスは顧客獲得や維持という特有の課題に直面していることをわれわれは認識している」とブログ投稿で説明した。

関連記事
米国の36州がグーグルを提訴、アプリ手数料で独禁法違反と主張 
韓国、アップルとグーグルのアプリ決済規制法案を可決-世界に影響も

原題:Google to Slash Fee It Takes From App Subscriptions in Half (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE