コンテンツにスキップする

ブラックストーン、次期旗艦ファンドで過去最大の300億ドル調達検討

  • 目標は未設定だが、来年から資金調達が始まるだろう-関係者
  • 4つの旗艦ファンド合計で調達額が400億ドルを超える可能性

米投資会社ブラックストーンは、業界最大級となる新たなプライベートエクイティー(PE、未公開株)ファンドを準備している。

  事情に詳しい関係者によると、次期旗艦PEファンドでブラックロックは最大300億ドル(約3兆4200億円)の調達を目指す可能性がある。目標はまだ設定されていないが、来年から資金調達が始まるだろうと、内部の計画だとして匿名を要請した関係者が語った。

  PE投資業界は活況で、ブラックストーンなど業界企業はファンドの規模を拡大し、次から次へと猛スピードでファンドを組成しては市場に戻ってくる。調査会社プレキンのデータによれば、現時点で約6000のファンドが計1兆ドルを集めようと模索している。

  ブラックストーンはまた、次世代の生命科学、エネルギー、成長戦略をテーマにしたファンドでも資金を調達しようとしており、4つの旗艦ファンド合計で調達額は400億ドルを超える可能性があると、関係者は述べた。

  ブラックストーンの広報担当者はコメントを控えた。

原題:
Blackstone Weighs Up to Record $30 Billion for Flagship Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE