コンテンツにスキップする

ティール氏、ビットコインに「投資不足」だった-価格「恐らく」上昇

  • 暗号資産投資、秘密が既に知られていると考えたのが唯一のためらい
  • 仮想通貨の上昇は金融システムへの批判、中央銀行は完全に破綻

テクノロジー業界で財を成し、保守系政治家を資金面で支援する米資産家ピーター・ティール氏は20日、暗号資産(仮想通貨)を称賛し、中央銀行をこき下ろした。

  ティール氏はビットコインについて、「自分の投資が不足していたように感じる」とフロリダ州マイアミで集まった聴衆に語った。

Thiel Marks Palantir’s Asia Push with $150 Million Japan Venture
ピーター・ティール氏
 

  同氏によれば、投資への唯一のためらいは、「その秘密がすでに全ての人に知られている」と考えたことだった。だが、ビットコインには「ロングで行くのがまだ答えだろう」との結論に達したと言い、「多分まだ秘密は十分にある」と指摘した。

  長きにわたるリバタリアン(自由主義者)であるティール氏は、暗号資産の値上がりは世界の金融システムに対する批判だと主張。「ビットコインは6万6000ドルだ。今後も上がるだろうか。恐らくそうだろう」と述べた上で、「ただ、それが確実に告げているのは、中央銀行が完全に破綻している時代にわれわれはいるということだ」と論じた。

原題:
Thiel Says He Was ‘Underinvested’ in Bitcoin, Price May Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE