コンテンツにスキップする

インフレは脅威、ヘッジに暗号資産を活用-チューダー・ジョーンズ氏

Paul Tudor Jones
Paul Tudor Jones Photographer: Bloomberg/Bloomberg

資産家のポール・チューダー・ジョーンズ氏は、インフレは「金融市場に対する唯一最大の脅威」であり、そのヘッジに暗号資産を活用していると明らかにした。

  ヘッジファンド運営会社チューダー・インベストメントの創業者である同氏は、金のような従来のヘッジ手段よりデジタル資産を選好しており、自身の「ポートフォリオの1桁分を暗号資産で」保有していると述べた。

  「世界はますますデジタル化する」とCNBCとのインタビューで指摘。「暗号資産は明らかに役割を担っており、いま金との競争で勝っているのは明白だ」と話した。

  インフレについては、すでに解き放たれていると指摘し、株式60%・債券40%という従来型の運用資産配分にとって「死」を意味するとの見方を示した。現在の米金融政策は自分の人生の中で最も不適切で、米連邦準備制度理事会(FRB)議長としてパウエル氏は最も適任でないかもしれないと述べた。

原題:Paul Tudor Jones Is Using Crypto to Hedge Against Inflation (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE