コンテンツにスキップする

日ペイントHD:欧塗料メーカーを1510億円で買収-新株発行せず

更新日時
  • クロモロジーの2021年度売上高見通しは約899億円
  • 欧州主要都市へのさらなる市場拡大目指すー日本ペイントHD

日本ペイントホールディングス(HD)は20日、欧州塗料メーカーのクロモロジー・ホールディングスの全株式を11億5200万ユーロ(約1510億円)で取得すると発表した。

  発表資料によると、日本ペイントHDは子会社を通じてクロモロジーの主要株主との間でプットオプション契約を締結。同契約に従って同社を買収して孫会社化する。買収資金は金融機関からの借り入れを想定しており、新株発行は予定していない。

    欧州は中国に次ぐ世界2位の塗料市場。日本ペイントHDは、クロモロジーの買収で建築用塗料事業の拡大を戦力的に推進していきたい考え。クロモロジーの現経営陣は、買収後も経営に携わり、欧州主要都市へのさらなる市場拡大を狙うという。

  日本ペイントHD子会社で、今回の買収を手掛けるデュラックス・グループのパトリック・フーリハン最高経営責任者(CEO)はオンライン会見で、クロモロジーの買収で商圏を「東欧に拡大できる」と説明した。クロモロジーの主要市場である西欧を強化しつつ、「建築用の現在の市場シェアは14%しかないので、今後、伸ばすことができる」と意欲を示した。

  クロモロジーの買収は来年の上期中にも完了する見込みで、日本ペイントHDの業績には22年度から貢献する。若月雄一郎共同社長は、今回の買収案件を「リスクの低い汎用エリアで優れたブランド、優れたマネジメントを有し、利益への貢献も1年目から見込まれる」と期待を示した。

  クロモロジーは欧州4位の塗料メーカーで従業員は約3200人、欧州に386店の直営店舗を持ち、9の生産拠点を抱える。フランスやイタリア、スペインなどで高い市場シェアを有しており、2021年度の業績予想は売上高約899億円、営業利益約82億円。

関連記事

  

 

(発表の詳細や背景情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE