コンテンツにスキップする

北朝鮮、新型SLBM試射を確認-「国防技術の高度化」誇示

更新日時
  • 今回の試験で操縦誘導技術の進化を示した-国営メディア
  • 19日の試射に朝鮮労働党の金正恩総書記は立ち会わず

北朝鮮は19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行ったことを確認した。これによって「誇りと栄光」を手にしたとしている。

  国営朝鮮中央通信(KCNA)は20日、5年前に最初のSLBMが試射された潜水艦「8・24英雄艦」から今回も発射され、「共和国の軍事的な強さを示した」と伝えた。発射実験は東海岸沖で実施され、国防科学院は「誇りと栄光を手にし、党中央委員会に忠誠」を尽くしたとしている。

North Korea' submarine-launched ballistic missile
KCNAが掲載した10月19日のミサイル発射実験の様子
 

  KCNAによれば、今回の試験には側面および滑空跳躍の機動をはじめとする「多くの進化した操縦誘導技術」が含まれ、「国防技術の高度化と海軍の水中作戦能力向上に大きく貢献する」としている。

  朝鮮労働党の劉進(ユ・ジン)軍需工業部長が発射実験を指導し、金正恩総書記は立ち会わなかった。

  韓国の聯合ニュースによると、19日発射のミサイルの飛行距離は約590キロメートルで、高度は約60キロに達したと推計されている。匿名の関係者を引用して伝えた。

北朝鮮の弾道ミサイル、SLBMの可能性-岸田首相「強く非難」

原題:North Korea Claims It Fired ‘New’ Ballistic Missile From Sub、N.Korea Confirms Tuesday Launch of Submarine Missile: KCNA(抜粋)

(発射実験に関する内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE