コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米、追加接種対象を拡大か-シンガポール新規感染最多

更新日時
  • NZ、渡航者の隔離期間短縮や自己隔離の活用拡大を検討
  • タイの首都バンコクのワクチン接種率、70%を超える

シンガポールでは新型コロナウイルスの新規感染者が3994人と過去最多を更新した。前日は2533人だった。同国当局はこれが一時的な現象なのか、それとも増加傾向の加速なのか見極めようと状況を注視している。

  ニュージーランドは同国への渡航者の隔離期間短縮と、国内での自己隔離の活用拡大を検討している。

  タイでは首都バンコクのワクチン接種率が70%を上回った。国内経済の観光産業への依存度が高い同国は5カ国からの観光客に限り、隔離措置なしで入国可能にしようとしている。

  米国はモデルナまたはファイザー製ワクチンの接種を受けた40歳以上の人に対し、ブースター(追加免疫)接種を近く推奨する可能性が高い。CNNのジム・シュット氏が事情に詳しい関係者を引用してツイートした。

米国、40歳以上のブースター接種を近く推奨する公算大-CNN

  米国は11月8日から一部の渡航制限を解除するが、2回接種型の新型コロナウイルスワクチンの1回目しか済ませていない外国人は入国を認めない方針だ。この方針は新型コロナ感染症から回復した人にも適用されるという。

  バイデン米大統領とジル夫人は、新型コロナ検査で陽性と判明したマヨルカス米国土安全保障長官の濃厚接触者には当たらないと判断された。マヨルカス氏は、16日に屋外で行われたイベントでバイデン夫妻と同席していた。

バイデン米大統領夫妻、国土安保長官の濃厚接触者と判断されず

  米疾病対策センター(CDC)の新たな分析によると、米ファイザー製ワクチンが12-18歳の子供の入院を予防する有効性は93%と高い効果を示した。

  新規感染者数と死者数が過去最多を更新したロシアで、新たな行動制限が導入される。モスクワ市は60歳以上のワクチン未接種者に対し、今月25日から4カ月間の自宅待機を求めた。

  英国政府は子供向けワクチン接種を拡大する計画だと、国家医療制度(NHS)責任者が明らかにした。学校での感染拡大が背景にある。

英国で新型コロナ感染が再拡大、ジョンソン首相は厳しい冬を警戒

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億4153万人、死者数は491万人を超えた。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計67億3000万回を上回った。  

原題:U.S. May Widen Booster Guidance; Singapore Record: Virus UpdateMoscow Puts Seniors in Lockdown; U.K. Resurgence: Virus Update(抜粋)、New U.S. Travel Rules Bar Foreign Covid Survivors With One Shot(抜粋)、Putin Won’t Go to G-20 Rome Summit, Will Attend by Videolink (1)(抜粋)

(米国やシンガポールなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE