コンテンツにスキップする

中国人民銀は預金準備率1ポイント引き下げが可能、政府顧問が言明

中国人民銀行(中央銀行)は、流動性を高め経済成長を支援するため、預金準備率を引き下げる余地があると中国政府の顧問が語った。

  国務院に調査や助言を提供する参事室の特別研究員、姚景源氏は預金準備率について「第4四半期に1ポイント引き下げることが可能だ」と指摘した。

  オンラインで公表された記者会見記録によると、姚氏は18日に記者団に対し、預金準備率の引き下げが「インフレを押し上げるか懸念する必要はない。余地がまだあるからだ」と語った。この引き下げに関する発言は、後で記録から削除された。

A government adviser says China should cut RRR in fourth quarter
 
 

 

 

原題:
China’s Central Bank Should Cut RRR, Government Adviser Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE