コンテンツにスキップする

円安スパイラルの恐れ、原油高騰で年内に1ドル=115円突破も

  • 円安修正のメカニズム働かず-交易条件悪化で「悪い円安」
  • 日本は資源高と通貨安という二重苦を覚悟する必要-大和証

外国為替市場で円の先安警戒感が強まり、2017年以来となる1ドル=115円を突破するとの見方も出てきた。円安が輸出増につながらず、貿易黒字拡大による円高圧力が生じにくくなっている一方、ドル建てで取引される原油など商品価格高騰によりドルの支払いが増加し、一層の円安を招くリスクがあるためだ。

  円は過去2週間でドルに対し3円以上下落し、先週末には114円46銭と約3年ぶり安値を付けた。円安加速の背景の一つに、今年初め1バレル=50ドル程度だった原油相場が、約7年ぶりとなる80ドル台まで上昇していることがある。

  「スパイラル的円安が進むリスクもある」。マーケット・リスク・アドバイザリー・フェローの深谷幸司氏は円安で輸出が増えれば、円買いが増えて円安に歯止めがかかるが、日本企業が海外生産移転などを進めた結果、「円安になっても輸出が伸びるわけでもなく、対外直接投資も止まらない」ため、円安抑制機能が効かないと指摘した。

  一方ドルは、インフレ圧力の高まりで米国が利上げに向かいつつある中で、相対的に堅調になりやすく、米長期金利が2%を超えるような状況になれば、「ドル・円の115円超えという世界が見えてくる」と考える。

  原油価格が1バレル=100ドル前後だった2012-14年に貿易収支は赤字が常態化。今年8月の貿易収支は原粗油を主因に輸入額が前年比で45%の大幅増となった結果、昨年5月以来の大幅赤字となり、20日発表の9月分も赤字が見込まれている。深谷氏は「今はコストアップ、交易条件の悪化という円安のマイナス面を気にしなければならない」という。

  

貿易収支悪化へ
 
 

  原油高などを背景に足元で日本の交易条件は大幅に悪化している。9月の輸入物価指数は前年同月比31.3%上昇と1981年以降の最大の伸びとなり、輸出物価指数(同11%上昇)の約3倍となった。

  大和証券の石月幸雄シニア為替ストラテジストは、エネルギーなどを大量に輸入する日本の円は資源価格の上昇にもっとも脆弱(ぜいじゃく)な「逆資源国通貨」であるとし、「資源高と通貨安という二重苦を日本は覚悟しておく必要があるかもしれない」と指摘。「ドル・円は新たなステージに入った」とみる。

  円安は名目為替レートの世界にとどまらない。ブルームバーグ・データによると、貿易量や物価を加味した実質実効レートで円は主要10通貨中、ノルウェークローネに次いで割安な通貨となっている。BofA証券の山田修輔主席FX・金利ストラテジストは、「2015年には1ドル=125円まで円安が進む中で円安への懸念の声が膨らんだが、足元は実質実効レートも当時に近く、115円から120円にかけては円安悪玉論的なものが出てくる可能性はある」と語る。  

  みずほ銀行の唐鎌大輔チーフマーケット・エコノミストは、「物価が下がっている分、円の実質レートが下がっており、それは購買力が落ちていることだ」と話す。その上で、「円安も資源高も両方進むという経験はあまりないはずで、率直に一番好ましくない状況」と指摘。ドル・円は年内に115円を突破するとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE