コンテンツにスキップする

IT駆使の不動産売買にも人手不足の影響-米ジローが住宅購入停止

  • 4-6月期には3800戸余り購入、取得済みの在庫処理は継続
  • 住宅再販のジロー・オファー、「運用能力を超えた」と広報担当

不動産サイト運営の米ジロー・グループは米国内での住宅買い取りを一時停止する。情報技術(IT)を活用した同社の住宅再販事業が行き詰まりを迎えている。

  同社は購入済み住宅の在庫整理を進める間、新規買い取りを停止する。4-6月(第2四半期)には3800戸余りを購入していた。

  同社の広報担当者は電子メールで、不動産買い取り・再販サービスの「ジロー・オファー」について、「運用能力を超えており、現時点では住宅購入の新たな契約を結んでいない。既に契約を結んだ売り主からの購入分については、できる限り迅速な処理を継続する」と説明した。

  ジローは不動産物件情報サイトや物件価格の査定サービス「ゼスティメート」で知られるが、最近では米国内で住宅の直接売買も行っている。 

  同社は2018年にジロー・オファーを立ち上げ、「アイバイヤー」と呼ばれる不動産テック企業集団の一員となった。この新たな事業では、ジローは売り主から依頼を受け、アルゴリズムを駆使して物件価格を算定。売り主がオファーを受け入れれば物件を買い取り、若干の補修を施して転売する。

  こうした事業にも人の手は必要だ。ジローは物件の購入契約を結ぶ前に調査員を派遣してコストのかかる修理が不要であることを確認。購入後は請負業者がカーペットを交換し、室内の壁を塗り替える。新型コロナウイルス禍でさまざまな業種で労働力が不足し、こうした作業を行う人員を見つけるのが困難になった。

  「予想外の高い需要を考えると、ジロー・オファーは年内の住宅購入能力の限界に達している」と2つの州で同事業に従事している従業員1人がビジネスパートナーに宛てた電子メールで指摘。ブルームバーグがこのメールを確認した。

  ジローはパンデミック初期にも住宅購入を一時的に停止していた。最終的にはロックダウン(都市封鎖)解除後の住宅ブームによる恩恵を受けたが、購入がパンデミック前のペースに戻るまでには数カ月かかった。

原題:
Zillow Pauses Home Purchases as Snags Hit Tech-Powered Flipping(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE