コンテンツにスキップする

テスラのマスク氏、VW幹部会議に登場-「サプライズゲスト」で

  • VW幹部200人を前にオンラインで講演、ディースCEOが招待
  • ディース氏、EVシフトを迅速に進めるようVW幹部に呼び掛け

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の会議にサプライズで登場し、VWの幹部200人に対し、同社のEVへの取り組みのほか、自身の経営スタイル、サプライチェーンと生産面の課題について語った。

  マスク氏はVWのヘルベルト・ディースCEOの招待でオンライン形式で参加し、同社がEVへのシフトをやり遂げると確信していると述べた。

  VWはディース氏の下、世界最大のEVメーカーの1つになることを目指しており、同氏は会議でEVシフトをできるだけ迅速に進めるよう幹部らに呼び掛けた。

  マスク氏はテスラが他の自動車メーカーよりも動きが機敏な理由として自らの経営スタイルを挙げ、自分はまず何よりもエンジニアであり、サプライチェーンや物流、生産プロセスに強い関心を持っていると説明した。

  ディース氏はテスラの世界的な半導体不足への対応は「素晴らしい」と称賛。自社で開発したソフトウエアを使い、わずか2、3週間で別の半導体に切り替えることができたと指摘した。

  マスク氏の会議での発言については、独紙ハンデルスブラットが先に報じていた。

原題:
Elon Musk Joins VW Executive Conference as ‘Surprise Guest’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE