コンテンツにスキップする

サマーズ氏、より速いテーパリング計画求める-インフレ「気掛かり」

  • インフレのデータ、より全般的な物価上昇を示す-サマーズ氏
  • 今回のインフレには米金融当局の対応が必要、後手に回っている

サマーズ元米財務長官は米金融当局のテーパリング(資産購入の段階的縮小)について、持続的な高インフレの兆候を踏まえ、計画よりも速いペースで縮小するよう求めた。

  「インフレはより広範囲の製品に一段と広がりつつあり、住宅や労働市場にも及んでいる」と、サマーズ氏はブルームバーグテレビジョンで発言。「長い間恐れていたが、今はもっと心配している」と話した。

サマーズ元米財務長官
出所:ブルームバーグ

  ブルームバーグへの寄稿者でもあるサマーズ氏は、今回のより全般的なインフレには米金融当局の対応が必要になると指摘。当局は後手に回っているとした上で、「協議しているよりも速いペースでテーパリングを実施するべきだ」と述べた。

  「米金融当局がもっと早期に引き締めに動かなければならないというのは明白なはずだ」と指摘。今週発表された9月の米消費者物価指数(CPI)の統計は「非常に気掛かり」で、インフレのいわゆるメディアン指標には「火が付いている」と語った。

Price Pressures Persist

U.S. headline inflation rose more than forecast in September; core matches

Source: Bureau of Labor Statistics, Bloomberg survey

原題:
Summers Urges Faster Fed Taper Plan Given ‘Disturbing’ Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE