コンテンツにスキップする

リンクトイン、中国版を閉鎖へ-米主要ソーシャルメディア全て撤退

  • 「一段と厳しくなる事業環境とコンプライアンス要求」が背景
  • 年内にサイト閉鎖、中国内での求職・採用を支援する新サイト開設へ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

マイクロソフト傘下のビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)リンクトインは14日、中国版を閉鎖すると発表した。米主要SNSの中でもリンクトインは最後まで中国で事業を展開していた。

  リンクトインは撤退について、中国での「一段と厳しくなる事業環境とコンプライアンス(法令順守)への要求」が背景だとブログで説明した。年内に現在のサイトを閉鎖するという。

  2014年に中国に進出したリンクトインは中国本土に約5200万人の利用者がいる。同じ米大手SNSのツイッターやフェイスブックは中国では以前から禁止されている。

  リンクトインによれば、今後の中国戦略は国内の人材および企業を対象にした求職・採用活動の支援に焦点を当てる。年内に中国向けに新たなアプリ「インジョブズ」を立ち上げる見通しだ。このサイトにソーシャルフィードや記事などの投稿機能はないという。

原題:Microsoft Shuts LinkedIn in China, Citing ‘Challenging’ Climate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE