コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレー、投資銀行収入が過去最高-助言手数料は3倍強

  • 投資銀収入は67%増の28億5000万ドル、アナリスト予想は21億ドル
  • トレーディング収入は予想外の増加、株式は24%増え29億ドル

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

モルガン・スタンレーの7-9月(第3四半期)は投資銀行部門の収入が前年同期比で67%増え過去最高となった。助言手数料収入は3倍強に増えた。

  14日の決算発表によると、投資銀収入は28億5000万ドル(約3240億円)と、アナリスト予想平均の21億ドルを上回った。助言手数料は12億7000万ドルに増えた。株式引き受け手数料は16%増の10億ドル。債券引き受け手数料も19%増え5億6700万ドルとなった。

  株式トレーディング収入は24%増の29億ドル。トレーディング収入全体は45億2000万ドルと、業界全体のトレーディング減速の中で予想外の6%増となった。

  ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は発表資料で「統合された投資銀行で際立った好業績を上げた。ウェルスマネジメント部門には過去最高の1350億ドルの新規資金が流入した」と説明した。

  ウェルスマネジメント事業の収入は59億4000万ドルに達した。トレーダーとディールメーカーに依存するインスティチューショナルセキュリティーズ部門より安定した同事業が全行の収入に占める割合は高まっている。

  不調だったのは投資管理事業で、資産運用会社の償還に関連した資産流出があったほか、アジア投資に関連して1700万ドルの損失を出した。

  第3四半期純利益は37%増の37億ドル(1株当たり1.98ドル)、収入は26%増の148億ドルだった。

原題:Morgan Stanley Bankers Crush Estimates in Record M&A Quarter (1)Morgan Stanley Crushes Estimates in Record Quarter (Correct)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE