コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg
cojp

ロシアは欧州が必要なだけのガスを供給する用意-プーチン大統領

  • 欧州のエネルギー危機は政策ミス、供給不足が原因ではない
  • 欧州の指標ガス価格は13日に急騰、一時9%近く上昇

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ロシアは欧州が必要とする天然ガス全てを供給する用意があると、プーチン大統領が言明した。欧州が現在陥っているエネルギー危機は政策ミスによるもので、供給不足が原因ではないと主張した。

  プーチン氏は13日、モスクワで開かれたフォーラム「ロシア・エナジー・ウイーク」で、ロシアは顧客の要請に沿って供給を引き上げており、地域の市場安定化のため「あらゆる追加的な措置を協議する用意がある」と発言。一方で、欧州はエネルギーシステムに「組織的な欠陥」を導入し、問題が発生して「責任を転嫁」していると批判した。

  同氏によると、ロシアはすでに今年1-9月の欧州向けガス供給量を15%増やし、「一層の増加を要請されれば、その用意はある」という。「ロシアは相手が要請する分だけ供給を増やす。決して断りはしない」と語った。

Export Drop

Gazprom's supplies to key foreign markets tumbled last month

Sources: Gazprom, Interfax, Bloomberg calculations

NOTE: Numbers show average daily pipeline exports each month to coutries outside former Soviet Union (most of Europe, Turkey, and China since late 2019)

  プーチン氏は高騰するガス価格について先週初めて口先介入した。この介入でいったんは相場が軟化したものの再び騰勢を強め、13日は欧州の指標ガス価格であるオランダTTF先物の期近物が8.9%高のメガワット時当たり93.35ユーロに上昇した。

原題:Putin Says Russia Is Ready to Supply Extra Gas to Europe (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE