コンテンツにスキップする

岸田首相、日銀保有国債の永久国債化や教育国債「慎重な検討必要」

更新日時
  • 安定財源や財政の信認確保、国民民主・大塚氏の財源巡る質問に回答
  • 岸田政権は経済成長を優先、消費税引き上げも検討せず

 岸田文雄首相は13日の参院本会議で、日銀保有国債の一部永久国債化や教育国債は、安定財源や財政の信認確保の観点から「慎重に検討する必要がある」と話した。

   国民民主党の大塚耕平氏の財源確保を巡る質問に答えた。同党は教育国債の創設や日銀保有国債の一部永久国債化を公約としている。

  「成長と分配の好循環」を掲げる岸田政権は経済成長を優先させ、財源についての議論は進んでいない。消費税率引き上げは当面の間、検討しておらず、金融所得課税見直しも先送りした。

岸田首相の発言

  • 当面、消費税について触れることは考えていない
  • 為替動向についてコメントは控えたい
  • 人権侵害への制裁法案、超党派の議論を見守る
  • 日韓関係をこのまま放置することできない
(岸田政権の財政政策に関する記述を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE