コンテンツにスキップする

キャシー・ウッド氏、ゲノム編集技術への賭けが裏目に-さらなる逆風

  • CRISPR株の急落前にゲノム編集関連株を買い増し
  • ARKGは年初来22%、ARKKは10%それぞれ下落している

ゲノム編集技術を手掛けるCRISPRセラピューティクスは血液がん治療の試験結果が投資家の失望を招き、12日取引終了後の時間外取引で8.8%急落した。キャシー・ウッド氏のテーマ型上場投資信託(ETF)会社、アーク・インベストメント・マネジメントにとってまたも悪いニュースとなりそうだ。

  アークのファンドは「CRISPR(クリスパー)」と呼ばれるゲノム編集技術を用いた治療法を開発しているCRISPRとインテリア・セラピューティクス、エディタス・メディシンを多く保有している。

 

Crispr Therapeutics slides after CAR-T update fails to excite investors
 
 

  CRISPRが行ったCARーT細胞療法の試験では、被験者の患者24人中9人のがん細胞が除去された。投資家はそれ以上に良好な結果を期待していたため、株価が下落した。

  今回の試験結果が出るまでの数日間、アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)と旗艦ファンドのアーク・イノベーションETF(ARKK)はCRISPRとインテリア株を買い増していた。

  ARKGは年初来22%、ARKKは10%それぞれ下落している。

原題:
Cathie Wood’s ARK Funds Snapped Up Crispr Shares Ahead of Plunge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE