コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
cojp

アップルは「iPhone13」生産目標下げ方向、半導体不足で-関係者

更新日時
  • 2021年生産目標を最大1000万台引き下げる見通し-時間外で株価下落
  • ブロードコムとテキサス・インスツルメンツが十分な部品供給に苦慮

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

アップルは長期化する半導体不足を理由に新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)13」の2021年の生産目標を最大1000万台引き下げる見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同社は10-12月に9000万台の新型モデル生産を見込んでいた。しかし、半導体メーカーのブロードコムテキサス・インスツルメンツ(TI)が十分な部品供給に苦慮しているため、この数字は下方修正される見通しをアップルは現時点で生産提携先に伝えているという。

  アップルは半導体購入で世界屈指の存在だが、その強力な購買力をもってしても、世界中の産業に大打撃をもたらしている供給混乱問題で例外ではない。大手半導体メーカーは需給逼迫(ひっぱく)が来年末まで、場合によってはそれ以降も継続すると警告している。

Waiting Game

The gap between ordering a chip and delivery hit a record 21.7 weeks

Source: Susquehanna Financial Group

  アップルはTIからディスプレーの部品を入手し、ブロードコムからは長年にわたり無線関連部品の供給を受けている。最新型アイフォーン用で供給不足に陥っているTI製半導体の一つは、有機ELディスプレーへの電力供給に関連している。アップルは他のサプライヤーの供給不足にも見舞われている。

  アップルとTIの担当者はコメントを控えた。ブロードコムにコメントを求めたが、返答はなかった。

  アップル株はブルームバーグの報道を受けて、12日の時間外取引で一時1.6%下落した。ブロードコムとTIも時間外取引で下げた。

原題:Apple Set to Cut IPhone Production Goals Due to Chip Crunch (1)(抜粋)

(2段落目に関係者の話の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE