コンテンツにスキップする

FOMCは来年利上げせず、成長減速で-ゴールドマンのハッチウス氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米経済の成長は来年減速することから、金融当局は利上げ開始を再来年まで待つと、ゴールドマン・サックス・グループのチーフエコノミスト、ヤン・ハッチウス氏が指摘した。

  ハッチウス氏は11日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、資産購入のテーパリング(段階的縮小)は11月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で発表されると予想。ただテーパリングのプロセスは何カ月も要することになり、利上げについては2023年までないとの見方を示した。

  同氏は「2022年を迎える上でどういった状況になるかだが、景気は循環的な減速局面となり、インフレも鈍化すると考えられる」と予想。「そうした環境では、直ちに金融当局が利上げに動くことはないだろう」とし、いかなる決定も経済データ次第になると指摘した。

Actual and Forecast Consumer-Price Inflation
消費者物価指数の伸び推移と予想
公式データ/ブルームバーグのエコノミスト調査

  ゴールドマンは10日、来年の米成長予想を引き下げている。

ゴールドマン、2021年と22年の米成長率予測引き下げ-消費回復遅れで

  ハッチウス氏は「短期的には、成長加速を見込む根拠がいくつか存在する」としつつ、「さらに先を見通すと、成長は著しく減速すると考えられる」と述べた。

原題:Goldman’s Hatzius Sees No Fed Hike Next Year as Growth Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE