コンテンツにスキップする

ノーベル経済学賞、カード氏ら米大学の3氏に-労働市場の分析に貢献

スウェーデン王立科学アカデミーは11日、2021年のノーベル経済学賞を「自然実験」と呼ばれる手法を用いて労働市場の分析に貢献した米大学の研究者3人に授与すると発表した。

   アカデミーによれば、受賞者はカリフォルニア大学バークレー校のデービッド・カード氏とマサチューセッツ工科大学(MIT)のヨシュア・アングリスト氏、スタンフォード大学のグイド・インベンス氏。アングリスト、インベンス両氏が賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億2900万円)の半分を受け取り、残りはカード氏に贈られる。

  アカデミーは「今年の経済学賞受賞者は社会の大きな問題の多くは回答可能であることを示した」とツイート。 3人の「解決策は自然実験の活用」だと説明した。

原題:Card Shares Nobel Prize in Economics for Natural Experiments (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE