コンテンツにスキップする

【新型コロナ】シンガポールで重症患者増加、新規感染高止まり

更新日時
  • WHO、接種率高い国に低所得国へのワクチン供給呼び掛け
  • 入院に至らない感染1年後でも心不全や血栓症リスク-米研究

シンガポールでは新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、新規感染者が3日連続で3000人を超え、重症患者が増えた。

  世界保健機関(WHO)は新型コロナワクチン接種率が高い国に対し、低所得国へのワクチン供給を優先させるよう呼び掛けた。

  米ファイザーと独ビオンテックは5ー11歳を対象とした新型コロナワクチン接種に関して、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請した。就学児童への接種に一歩近づいた格好だ。

ファイザー・ビオンテック、5-11歳対象のワクチン接種許可を申請

  英国は入国の際に最も厳しい隔離措置を課す国のリスト(レッドリスト)を縮小する。ホテルで10日間の隔離を求めるのは、11日から7カ国に減らされる。

  バイデン米大統領は、民間企業に新型コロナワクチン接種の義務化を求めるキャンペーンを強化した。ワクチン接種は命を救い、経済を押し上げると述べた。

バイデン大統領、企業にワクチン接種義務化求めるキャンペーン強化

  米国では一部の州で、医療システムの逼迫(ひっぱく)が和らいでいることがデータで示された。

  米モデルナの新型コロナワクチンを巡り、フィンランドは副反応の可能性を理由に30歳未満の男性への接種を中止する。

  米調査研究によれば、入院に至らない感染でも心臓へのダメージは初期症状から著しく悪化する可能性があり、1年後でも心不全や致命的な血栓症が起きるリスクがある。

  米ジョンズ・ホプキンズ大とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億3673万人、死者数は483万人を超えた。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計64億4000万回を上回った。

原題:Singapore Hospitalizations Rise; Pfizer Kids Shot: Virus UpdatePfizer Kids Shot Moves Closer: U.K. Pares Red List: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE