コンテンツにスキップする

イングランド銀の新チーフエコノミスト、英国の高インフレは長期化へ

  • ピル氏、チーフエコノミスト就任以来初めて公に見解を表明
  • この見解で早期利上げ観測強まる、英国債は一時値下がり

イングランド銀行(英中央銀行)の新チーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は、英インフレ率の現在の高水準が当初の想定よりも長く続くとの見通しを示した。利上げが差し迫っているとの観測が強まりそうだ。

英国、インフレ高進で年内利上げに現実味-社債利回りは2%突破

  同氏は議会財政委員会の質問に書面で答え、経済へのリスクはここしばらくに比べはるかに両方向になっているとし、その結果として政策決定はより微妙なバランスの上に立つことになると指摘した。回答が公表されると、英国債は一時値下がりし利回りが上昇した。

  ピル氏は「私の見解ではリスクバランスは現在、インフレ見通しに対する大きな懸念へとシフトしつつある。現在のインフレの勢いは当初に予想されたよりも長く続くとみられるためだ」と分析した。

  先月就任したピル氏は9月の会合では政策据え置きに票を投じた。同会合で当局者らは早ければ11月利上げもあり得るとの考えを示したが、ピル氏の個人的な見解はこれまで判明していなかった。チーフエコノミスト就任以来、同氏が公の場で意見を表明したのはこれが初めて。  

  書面で表明された見解はタカ派一色ではなく、英経済はまだ新型コロナウイルス禍前の状態に戻っていないとの認識も示し、「金融政策は潜在能力を最大限に生かす経済活動のレベルを支えることを目指すべきだ」と論じた。

  

 

relates to イングランド銀の新チーフエコノミスト、英国の高インフレは長期化へ
 
 

 

 

原題:
BOE’s New Chief Economist Sees Prolonged Jump in U.K. Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE