コンテンツにスキップする

東京23区や埼玉県南部で震度5強ー気象庁

更新日時
  • マグニチュード6.1、震源の深さは約80キロメートル
  • 原子力施設に影響なし、JR山手線や中央線など運転見合わせ

気象庁によると7日午後10時41分ごろ、千葉県北西部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生した。東京23区や埼玉県南部では震度5強が観測された。震源の深さは約80キロメートルで、地震による津波の心配はないとしている。

  政府は首相官邸に対策室を設置した。岸田文雄首相は、実態の把握や被災者の救援に努めることなど4点の指示を出したことを記者団に明らかにした。被害の状況については「改めて実態を把握したい」と述べた。

  松野博一官房長官は、震度5強を観測した関東地域を中心に「110番、119番の通報が多数寄せられている」とした上で、「人的被害、住家被害などを含めて現在、被害情報の収集把握に全力で当たっている」と話した。

電力・石油

  • 原子力施設には現在異常なしと報告-松野官房長官
  • 管内で停電なし、午後11時55分現在-東電PG
  • 地震による主要な電力設備への影響は確認されていない-東電PG
  • 神奈川県内の原子力施設に異常なし-原子力規制庁
  • 千葉製油所の装置に被害の情報入っていない-コスモHD

交通

  • 東京メトロ、大半の路線で運転再開
  • 都営地下鉄はすべての路線で運転を再開
  • 東北新幹線は運転再開、上越・北陸新幹線は地震の影響で遅れ見込まれる-JR東日本
  • JR品川駅が停電、復旧めど立たず-FNN
  • 羽田空港が滑走路を再開-共同
  • 山手線や中央線など運転見合わせ、午後11時20分現在-JR東日本
  • 首都高や第三京浜、東名高速が一部通行止め-日本道路交通情報センター

人的・物的被害

  • 神奈川や千葉の消防にけが人の通報-NHK
  • 足立区の環状7号線では水があふれている個所を確認ーNHK

 

(官房長官の会見内容を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE