コンテンツにスキップする

モデルナ製ワクチン、スウェーデンとデンマークが若年層への接種停止

  • 心筋炎・心膜炎のリスク増加、スウェーデン保健当局が指摘
  • 両国はファイザー・ビオンテック製のワクチンを代替に推奨

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

スウェーデンとデンマークはモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、若年層への接種を停止することを決定した。副反応の恐れがあることが理由。

Banco Santander SA Offers HQ to Madrid’s Covid-19 Vaccination Drive
モデルナ製の新型コロナワクチン
 

  スウェーデンの保健当局は6日、30歳以下を対象に接種停止とした理由について、心筋炎や心膜炎のリスクが高まることを示す新たなデータを挙げた。デンマーク当局は18歳未満への接種を中止する。

  6日の米株市場でモデルナ株は一時5%を超える下落。同社にコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。

  両国はモデルナ製の代替として、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンを推奨した。

原題:
Sweden, Denmark Halt Moderna’s Covid Shot for Younger People(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE