コンテンツにスキップする

欧州天然ガス価格が急反落、ロシアに市場安定化の用意-米先物も安い

更新日時
  • プーチン大統領が世界のエネルギー市場の安定を支援する用意と表明
  • TTF先物価格は前日約20%高で終了後、6日も一時約40%急騰した

欧州の天然ガス価格の指標となるオランダTTFの先物価格は6日、世界的に深刻化するエネルギー不足への懸念から一時40%余り急騰したが、ロシアのプーチン大統領が世界のエネルギー市場の安定を支援する用意があると表明したことを受け、終盤にかけマイナス圏に軟化した。

  6日のアムステルダム市場では、TTFの先物価格が現地時間午後4時25分(日本時間午後11時25分)時点で、7.3%安のメガワット時当たり107.50ユーロで取引された。TTFの先物価格は前日約20%高で終了した後、この日も一時40%余り値上がりし高騰が続いていた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物11月限も急落し、約10%安の100万BTU(英国熱量単位)当たり5.675ドルで6日の取引を終えた。

 

Dutch front-month gas eases off after earlier surge
 
 

 

U.S. gas futures all but wiped out yesterday's gains on Putin's remarks
 
 

原題:Gas Eases After 60% Surge as Putin Offers to Stabilize Market  、U.S. Gas Plunges 10% on Mild Weather, Expected Storage Build(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE