コンテンツにスキップする

EUが警戒、エネルギー価格の高騰が域内の景気回復損ねる恐れ

  • エネルギー危機対応策、EUが加盟国向けに来週勧告を行う
  • 「対応しなければ欧州の回復が損なわれる恐れがある」-シムソン氏

欧州連合(EU)は、エネルギー価格の高騰が域内の景気を損ねる恐れがあるとして警戒感を示し、エネルギー危機の対処に苦戦しているEU加盟国に対して新たな指針を打ち出すと表明した。

  加盟国は具体的な行動を求めたがEUはこれには直接応じず、代わりにEU規則に抵触せずに各国が講じられる対応策について、来週勧告を行うと約束した。欧州委員会のシムソン委員(エネルギー担当)によれば、一連の勧告には社会的弱者の世帯を対象とした手当てや、企業への減税や政府補助などが含まれる。

  シムソン委員は6日、欧州議会でのエネルギー危機に関する議論で「この価格ショックを軽視することはできない」と言明。「市民が打撃を受けている。特に社会的弱者の世帯で打撃が大きい。これは競争力を弱めるだけでなく、インフレ圧力も高める。対応しなければ欧州の回復が損なわれる恐れがある」と述べた。

欧州のエネルギー価格、急上昇-EUは経済守る行動を約束

European Union Unveils Landmark Climate Plan
シムソン委員
 

 

原題:EU Sounds Alarm as Spiking Energy Prices Threaten Recovery (1)(抜粋)

 

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE