コンテンツにスキップする

パウエルFRB議長、上院銀行委の共和党議員の過半数から支持獲得

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、上院銀行委員会に所属する共和党議員の過半数から支持を獲得した。同議長の2期目続投を後押しする可能性がある。パウエル議長を巡っては、ウォーレン上院議員(民主)が厳しい批判を展開している。

  クラポ上院議員(共和)は5日、バイデン大統領がパウエル氏をFRB議長に再指名した場合は、承認を巡る採決で賛成票を投じると述べた。上院銀行委に所属する共和党議員12人のうちパウエル議長への支持を表明したのはクラポ議員で7人目となる。同議員は、上院財政委員会で共和党筆頭理事を務めてもいる。バイデン大統領は、次期FRB議長に誰を指名する意向かまだ明らかにしていない。

関連記事:

 

原題:Powell Wins Support of Majority of GOP Senators on Banking Panel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE