コンテンツにスキップする

岸田首相、米大統領から尖閣含め対日防衛で力強い発言-首脳会談

更新日時
  • 日米同盟強化、自由で開かれたインド太平洋の実現への取り組み確認
  • バイデン氏、クアッドも通じた今後の協力に期待を表明-米政府

岸田文雄首相は5日、バイデン米大統領と初の首脳電話会談を行い、大統領から日米安全保障条約第5条の尖閣適用を含め、対日防衛コミットメントについて力強い発言があったことを明らかにした。会談後、官邸で記者団に語った。

岸田首相のその他発言

  • 日米同盟の強化、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け共に取り組んでいくことを確認
  • 新型コロナウイルス、気候変動、核兵器のない世界に向けた取り組みなど地球規模の課題も緊密に連携していくことで一致
  • 対面での日米首脳会談の早期実現に向けて調整
  • 米大統領と初の電話会談を行うことができたことは、日米同盟をさらなる高みに引き上げるためにも重要な一歩になった

  米政府の発表によると、両首脳はインド太平洋および世界の平和と安全保障、安定の礎である日米同盟の強固さを確認した。バイデン大統領は、自由で開かれたインド太平洋地域についての共通のビジョンの推進で日米が果たす重要な役割を踏まえ、オーストラリアとインドを加えた4カ国の枠組み「クアッド」も通じた今後の協力に期待を表明した。

(米政府の発表を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE