コンテンツにスキップする
Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg
cojp

中国不動産の花様年、4日期限の社債償還できず-2億ドル超相当

更新日時
  • 花様年傘下の企業、別の7億元借り入れ返済せず-碧桂園服務
  • 中国政府はレバレッジ規制維持、住宅販売も低調-不動産会社に逆風

中国の不動産開発会社、花様年控股集団(ファンタジア・ホールディングス・グループ)は4日が期限だった社債2億570万ドル(約230億円)相当を償還できなかったことを明らかにした。中国恒大集団の同業他社も苦境に陥る事態となっており、多額の負債を抱える中国不動産企業を巡る緊張が高まっている。

  花様年は発表文で、経営陣と取締役会が今回の未払いに伴う「グループの財務および現金状況への潜在的な影響を見極める」と説明。一方、不動産管理を手掛ける碧桂園服務も花様年傘下の企業が4日期限の7億元(約120億円)相当の借り入れを返済せず、不履行が想定されると発表した。

  花様年の社債価格は4日に急落。債券価格報告システムのトレースによれば、12月償還債(表面利率6.95%)の価格は額面1ドルに対して38セントへと30セント近く下落した。

中国の不動産会社、花様年のドル建て債急落-フィッチも格下げ

Fantasia's dollar bonds plummet as Monday's debt repayment test nears
 
 

  中国政府はレバレッジに関する厳格な規制を維持する一方、住宅価格の抑制に向けた措置で販売も低調。ここ数日は不動産会社が直面するストレスを示す事例が相次いでいる。

中国不動産会社、新力控股の債権者が84億円支払い要求-利払い不履行

原題:Chinese Property Developer Fantasia Misses Debt Payments (2)Chinese Property Developer Fantasia Misses Debt Payments (3)(抜粋)

  

  

(情報を追加し更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE